【北アルプス】残雪の弓折岳滑走

概要

2022.4.2(土)

良く晴れる週末ほど素晴らしいものはない.が,雪の多いアルパインは一時的に冬型でカチカチ予報.とはいえがっつり南面の小池新道なら楽しい滑りができるのでは?ということで新穂高へ.他に候補としては焼岳下堀沢やら御嶽の継子岳北面なんかもあったが日曜は気付けば昼から雨と下方修正.日曜は合法的に休養できるのでまあいいでしょう(笑).

滋賀から高速でびゅんと走って2時前に新穂高に到着.出発する時間が難しいけど今日は冷えてるし日の出スタートくらいで大丈夫なはず.という訳で3時間くらい仮眠して体調ばっちりで意気揚々と6時スタート.左俣林道までブーツで歩くのはしんどいのでランシューで.雪は車止めのゲートからあったけど,靴で歩く分には快適だったので穴毛谷横くらいまでランシューで歩いた.林道中盤からワサビ平小屋はデブリ祭り.正直左俣林道の通過がこの山行で一番怖かった.

小池新道に出ると気持ちいい展望がお出迎え.所々デブリは出ているけどレーンを変えれば上から下までスベスベのゲレンデ滑走ができそうだ.よし!!大ノマ乗越めがけてガシガシ登る.雪はクトーがささるくらいの硬さの下地にうっすら軽く2日前くらいの3cmくらいの新雪がいい感じに結合していてシールがよく効く.帰る頃にはいい感じに緩んで楽しい滑走ができそうだ.雪が良かったのもあって本来夏道のある鏡平山荘へのトラバースが始まる2100mくらいまではまっすぐの直登トレースが引けた.しかし全く風がなく雪の照り返しもあって暑い暑い!ベースとビブパンツではぁはぁしながら大ノマ乗越まで乗り上げた.流石にシールで乗り上げるには厳しそうだったのでアイゼンは稜線から標高差100m手前くらいで付けた.

大ノマ乗越までくればあとは軽く登れば弓折岳頂上だ.そのままアイゼンで稜線を行く.流石に風の影響を良く受けるのでカリカリだった.頂上からは槍やら双六やら抜戸やら乗鞍やらの大展望!!やはり頂上まで来て良かった.GUCCIさんはちょい遅れて大ノマ乗越までだったのが惜しい(笑).写真を撮ってすぐに滑走準備をして帰ります!

板を履くと登ってるときは急斜に感じていたけど案外緩い斜面に感じる.11:30にドロップ.雪もいい感じに緩んでシャウダー時々ザラメという感じで最高の春雪!!時々硬い面には引っかかるけどほとんど気にならない程度.最高に素晴らしい!!あっちゅう間に降りてしまった.帰りの林道は流石に標高低くて滑らず…ヒールフリーにしてノルディックをしながら帰還.終盤の陰ってる所はまだカチカチだったので割と自動運転で帰れたのは良かった.胸のすく大斜面滑走ができて大満足の週末となった.また来たい.

合計距離: 19883 m
最高点の標高: 2587 m
最低点の標高: 1048 m
累積標高(上り): 1610 m
累積標高(下り): -1578 m

6:05新穂高
8:00小池新道入口
10:40大ノマ乗越
11:00弓折岳
11:30大ノマ乗越
13:05新穂高

バナナカステラ×2
ウイダー×3
水500ml

詳細

新穂高の段階で明るいとちょっと焦る.
左俣林道はまだ雪が落ちきってないので危ないです.
笠新道分岐を過ぎると現れるデブリランド.遥か上方から落ちてきたデブリが扇状地のような感じに堆積している.
ここから小池新道.下から状況を望遠レンズで確認!
夏道と違ってひたすら標高を稼ぐ登り方ができてラクチン?!
気付けばGUCCIさんが点になってた…広い谷筋は休める場所が限られるというかないので歩くしかない.
いくつかレポ見ると鏡平山荘方面の小さい谷を詰めるルート取りもあるけど,下から望遠レンズで見て雪庇の感じからして乗り上げるのは大ノマ乗越まで詰めた方が難儀しないと判断した.
アイゼンは怖くならない前に履きます.イルビスハイブリッド軽くて最高すぎる.
稜線が近い!
頂上まですぐです.
GUCCIさんガンバ!
双六台地が目の前に!彼方には鷲羽.
やりました!
今日も槍がかっちょいい.
横滑りでカリカリの稜線を降りる.
大ノマ乗越でGUCCIさんと合流.
Drop In!!
槍穂高を見ながら最高の滑走.
モナ王と重雪はありません!
びゅーんと谷筋に
あっちゅまでした
帰りは全区間自動運転という訳には行かず…
新穂帰還!
槍見の湯チャレンジは失敗して平湯民族館へ.
高山開拓で軽く街ブラと飛騨牛コロッケで〆.

終わり

この記事が良ければ下のいいねをポチッとして頂けるとブログ運営の励みになります!!