【レビュー】モンベルのクラッグジャケットを2年使ってみて【mont-bell】

モンベルのクラッグジャケット

モンベルの展開するソフトシェル,クラッグジャケットを使い始めて2年近くが経ったのでその性能を評価してみる.山行はもちろんのこと,スキーやバイクツーリング中のミドルウェアとしても活躍してくれた.

クラッグジャケット購入に至るまで

これまでソフトシェルは持ち合わせておらず,その辺のスポーツウェアで代用していたため,まずはお手頃に買えるクラッグジャケットを購入してみることにした.カタログ公称値は396gと特別軽量という訳でもない.惹かれた決めては恥ずかしくもこの文言「クラッグジャケットは「一般社団法人日本アルパイン・ガイド協会」のオフィシャルウェアに採用されています。」だ(笑)

キャッチコピーってのは恐ろしいもんだなぁとつくづく思い知らされた.

サイズ感

私は身長172㎝だが今回は珍しくMサイズでちょうどよかった.結構モンベルのサイズ表記は一回り大きいことが多いので気になった方は試着してから購入することをオススメする.

カタログ通り生地自体は薄く,体を大きく動かしても突っ張り感はない.違和感なく着られるソフトシェルがあれば,無理にこわばりがちなハードシェルやレインウェアを着る必要もなく,アウトドア条件下において常に着ていられる.このストレッチ性には驚かされた.

厳冬期遠見尾根の記事はこちら

遠見尾根にて(3月)

撥水性

購入して間もない頃は樹林帯なんかで草木の露に触れてもしっかり撥水してくれていた.しかし着用と洗濯を繰り返すうちに撥水性は低下し,今ではしっかり水を吸収してしまうようになった.尚,洗濯は蛍光剤の入ってない通常の洗濯洗剤で洗濯していたが,撥水性を保つアウトドア用の洗剤を使用すれば解決すると思われる.

保温性

特にクラッグジャケットを気に入った点はこの点に尽きる.

かなりの強度で運動していてもオーバーヒートすることもなく寒すぎることもなく快適な環境を維持してくれる

薄手ながらそれなりに防風性があるからずっと着ていられるのだと思う.

これがクリマプロ100なのかと…なるほど.オフィシャルウェアに採用される訳だ!

秋から冬にかけて,冬から春にかけて特にオススメしたい.

厳冬期は風のない樹林帯くらいまでなら対応できる.

初冬の荒島岳にて

その他

さらにサムホールも備えてるので少し寒いときには保温箇所を増やすこともできる.

また首回りがすっきりしているのでレイヤリングもしやすい.服としての作り込みは中々のものだと思う.

性能の高い生地だがまさかの毛玉ができやすいというのが残念.特に擦れやすい箇所に多くできてしてしまう.毛玉ができ始めたのは半年くらい使ってからだったと思う.ここさえ目を瞑ればおおきな欠点はない.

かなり万能に使えるのでソフトシェルやミドルウェアをお探しの方は選択肢の一つに入れてもいいかもしれない.

終わり