【後立山連峰】船越ノ頭から金山沢滑走

概要

2022.3.8(火)

週末に今シーズン最後と思われるドカ雪が降り,雪が落ち着いてから入山しようと決めていた.この先はずっと晴れで日を重ねるごとに気温も高くなる.今日出撃するしかない.今回は金山沢の滑走が目標だ.

いつものように栂池ゴンドラで上がって栂の森からスタート.ビジターセンターまで圧雪が入っているので楽々だ.圧雪がなくなっても雪の沈降も進みほとんどラッセルの必要もなし.いけるぞ!!グングン標高を稼いで稜線までは2時間半で来れた.高曇りになってきたけど,風もほとんどないし今日はほんと条件が良い.

シールを剥いだらすぐに滑走スタート.高曇りだからか雪面の凹凸が全く分からない.というかそもそもバーンがスベスベなので凹凸すらない.斜度はそんなにきつくないが,怖いので探り探りでターンをこなして高度を下げた.風の影響を受ける上部は軽くクラストしていたが標高を下げるとフカフカ.徐々に雪面も分かるようになりヒャッハー連続だった.これはたまらんすわ.何といっても主稜線からボトムまで一気に標高を落とすラインを滑れて満足!!降雪から日にちも経っていないからかデブリもなく終始快適な滑走ができた.

猿倉まではトレースがなく地味にダルかった.猿倉以降はトレースがあり楽々ボブスレーで降りれると思いきや凶悪なストップスノーに苦しめられ,ずっとストックで漕いで二股へ.さらにそこからもハクノリに帰る歩きパートも開幕.13:30に下山したのに電車とバスを使って帰るとハクノリに着くのは18時頃になるらしい.遠路はるばる板を担いで12km歩き,16時に帰荘した.

合計距離: 30228 m
最高点の標高: 2586 m
最低点の標高: 736 m
累積標高(上り): 1678 m
累積標高(下り): -2425 m

詳細

今日もツアーコースは大賑わいです.
夏は賑わう玄関口も冬は静か.
自然園と白馬三山.
ここからしっかり標高を上げよう.
振り返るとスキー場は遥か遠くに.
サミットプッシュ!!