【山スキーを始めたいっ!!】私のスキー板とビンディングのセットアップの遍歴【随時更新】

ここでは実際に私が所有してきたスキーをコンセプトと購入意図,乗り味等のレビューをまとめていきます.序盤から終盤にかけて購入した順になっています.これからスキー板を購入される方の参考になれば幸いです.尚始めの2台はゲレンデ圧雪専用機なので読み飛ばしても大丈夫です.

私のスキー購入遍歴

SALOMON X-RACE SW P69 Z12 165cm

〇スペック

Season17-18モデル
Length165cm
Sidecut120-70-104
RadiusR13
Weight2368g
ConstructionFull Sandwich Sidewalls
CoreFull Wood S core
BindingsZ12 SPEED (1440g=1/2pair)

初めて購入した基礎板.当たり前だが山での使用ではなく圧雪オンリー.一番長い時間この板に乗った分私の板に対するベンチマークの一つとなっている.

圧雪においては全自動カービングマシン.角付けを行うだけでも自動的にカービングターンしてくれる.試乗会で他の基礎板にもかなり乗り比べをしたがXRACE SWは癖がない部類だと感じた.ただし板がかなり重い.その分高速域では真価を発揮し,その安定性にはびっくりさせられた.

基礎板なので小回り,中回り,大回り,コブと圧雪において四角はない.いわゆる太板でもゲレンデ圧雪を卒なくこなすものは多いが圧雪を滑るなら断然基礎板だ.ちなみに非圧雪は滑れなくはないが完全に修行で全く楽しくない.

SALOMON X-RACE GS LAB 183cm

〇スペック

Season17-18モデル
Length183cm
Sidecut105-67.5-89
RadiusR24
ConstructionFull Sandwich Sidewalls
CoreWoodcore
BindingsX16 LAB(1480g=1/2pair)

ロング板.別名GS板.ゲレンデの圧雪を大回りで攻めるためだけの板.トップが噛みまくる,テールが全くズレない,高速域での谷回りの安定感が半端ない等GS板に乗らないと学べないことは多く,大回り系種目の技量を磨くには必須の機材だ.

しかしながらゲレンデに広いバーンがない,人が多いと乗れない,ロング板に乗るゲレンデコンディションではない等で出動機会はかなり少ないという現実もある.

K2 COOMBACK 174cm

〇スペック

Season11-12モデル
Length174cm
Sidecut135-102-121
RadiusR22
Weight1998g(実測)
Constructionキャップ構造
Coreモミ&アスペン
BindingsMarker griffon13(1019g=1/2pair)

初めての太板.まずは山スキーで基準とされる100mm&170cm中盤の板を試そうと思い購入した.総評として50点といったところ.

確かにシーズン通して1本だけ選ぶなら100mmがちょうど良い塩梅.しかしパウダーでは少し浮力が足りないし,春雪ではそこまで気持ちの良い滑りはできない.帯に短し襷に長しとは正にこのことだろう.最低冬用と春用は分けたいと思うきっかけになった.

板そのものは比較的重さもあり走破性が良くあまり暴れなくて及第点な板だった.ただ山スキーにおいてフラットテールはズレにくく扱い辛かった.ツアー系の板はフラットテールが多い気がするが,万能に山で滑る分にはフラットテールである必要がないと思うのは私だけだろうか.

圧雪においてやや足元の太さを感じるがカービングは問題なくできる.ただし,カービングでの最初の捉えが難しい.これはトップのオールテレインロッカーによって中々噛んでいかない為だろう.

長さ,太さ,ロッカーとキャンバーの割合etc色々…学ぶことが多い一台だった.2021年友人に売却.

DPS ALCHEMIST WAILER A106 C2 185cm

〇スペック

Season17-18モデル
Length185cm
Sidecut134-106-120
RadiusR19
Weight実測1916g
ConstructionAlchemist 
CoreAspen Wood Core&カーボン
BindingsMarker kingpin13(実測706g=1/2pair)

備考:インビス仕様

ティートンブロスのフォトコンテストに応募したところ入賞し半額購入の権利を得て購入した一台.なにせDPSは高級.この機会を逃せば乗れる機会はそう巡り合わないと思った.コンセプトは不整地大回り専用機.

185cmとかなり長いがロッカーが全体の25~35%の為思ったほど扱い辛さはない.カーボンのお陰か評判通り高速域ではめちゃんこ安定してくれるので無木立の広大なバーンで最も威力を発揮する.ただし乗り味に癖があり,谷回りで慌てずに待っているとワンテンポ遅れてグワーッと強烈に板が戻ってくる.この感じは少しロシニョールの基礎板の独特な乗り味に似ているかもしれない.これがDPSか.何せ板がカッチカチなのでこの板の返りが強烈.扱える人はほんの一握りだと感じた.私にしてもオーバースペック感がある…

整地においてはキレッキレの中回り~大回りができて楽しい.ゲレンデが荒れたボコボコのジャガイモ畑になっても高速大回りができてしまう.圧巻の走破性に脱帽だ.GS板並みと言っても過言はないかもしれない.

総評としてはかなり尖った乗り味でコンディションがハマれば最高の一台だと思った.ただし長さ故小回り系はてんでダメ.その為ツリーランは苦手分野だと思う.DPSの中でもRPのようなロッカーの割合が多いともう少し扱いやすくなると思う.

BRASTRACK FARTHER 176cm

〇スペック

Season14-15モデル
Length176cm
Sidecut126-92-114
RadiusR17.5
Weight実測1712g
Core軽量ウッドコア/特殊F.R.P
BindingsMarker kingpin13(実測706g=1/2pair)

備考:インビス仕様

万能な春板として購入.春板も90mm以下の派閥と100mm相当を良しとする派閥があるらしいが,春は90mmくらいが好み.

ファーザーは春板として完璧かもしれない.適度に硬くそして柔らかく.乗り味はかなりマイルドで扱いやすい.軽くて高速域でも暴れない.もう…完璧です.初心者から上級者まで納得できる板ってほとんどないと思うけどファーザーはそれを実現してる.多分この板がぶっ壊れてもリピートすると思う.ワイラーが力こそパワーのような板ならば,ファーザーは柔能く剛を制す板といった所だろう.春のもっさり重たい雪のような修行コンディションでもすぐにテールが抜けてくれるので楽しく滑れる.ただジャガイモ畑とかデブリみたいなゴミコンディションを高速域で滑るならワイラーの方が断然良い.

一言で言うと中回り専用機でカービングもズレも自在で気持ちいい.大回りになるとテールロッカーも相まって綺麗にズレるので,いい意味で強制的に次のターンに移行できる.整地においてのカービングでは165cm基礎板と似たようなグリップ感と安定感.センター幅92mmは今まで長く履いてきた基礎板と比べても足元の違和感が全くない.板がしなやかにたわむのでかなりクイックに動けるのも◎.というかテールが想定よりかなり速く流れ始める(ズレる)ので小回りは脚だけ先行してシルエットがきもくなりがち.

板が良くしなることは良いことだと学んだ一台だった.

BRACKCROWS ANIMA 176.6cm

〇スペック

Season21-22モデル
Length176.6cm
Sidecut144-115-134
RadiusR19
Weight公称2100g
Coreポプラ/グラスファイバー
BindingsATK FR16(実測396g=1/2pair)

ちゃんとした冬用の板として購入.レビューはまた雪上で履いてから書きます.

終わり

この記事が良ければ下のいいねをポチッとして頂けるとブログ運営の励みになります!!