【香川県】ちょっと自転車で小豆島一周してきた【マメイチ】

概要

2022.3.27(日)

週を追うごとにだんだん温かくなってきた.三寒四温というやつだ.まだまだスキーもできるけど快適にロードに乗れる貴重な季節でもある.この週末は後輩のクワニキが久しぶりにチャリンコ乗りましょうということで,考えた結果瀬戸内に浮かぶ小豆島に行くことにした.あと当初は前主将のシンシンも参戦する予定だったがフェリーに間に合わない電車に乗車してしまい,あえなくDNS(Do Not Start)となり2人となってしまった(笑).

今回小豆島へは神戸からのアクセス.U25割りを使うと(深夜+土休日ダイヤで)往復4200円だ.そしてロードバイクも輪行袋に入れると手荷物扱いとなりタダで持ち運びできる.ジャンボフェリーさんには感謝しかない.いや今はニャンコフェリーというべきか…どうやら改名したらしい.

深夜1時にフェリーに乗り込み,雑魚寝スペースで仮眠.暖房ガンガンで暑く,特に羽織るものもなくぐっすり寝れた.しかし朝5時頃…突如として音楽が流れて飛び起きた.「二人を結ぶジャンボフェリー」で旅情あふれる目覚めとなった.噂には聞いていたけどちょっと癖になりそう(笑).朝食の時間にちょうどいいのでうどんと事前に用意していたパンで腹ごしらえ.ローディーは食える時に食っておくに限る.小豆島にはきっかり7:30に到着し島旅が始まる.

今回は海岸線沿いを時計回りに忠実に回る.特に観光地や飯屋については下調べもしていないので見るもの全てが新鮮だ.特にオリーブ畑が日当たりの良い南~西の海岸沿いに多くあり,日本らしからぬ地中海のような景観には驚いた.この景色を見ただけでも来た価値があると思う.海岸線沿いはアップダウンが多いと聞いていたが,標高100mを越えるような峠はそう多くないのでそんなに気にならなない.一周約110km程度なので足が売り切れることも心配せずガシガシ漕げたのは良かった(笑).それに坂を登ると瀬戸内の海が眼下に広がる展望スポットも多いので疲れも吹っ飛ぶ!クワニキと先頭を交代しながら漕いでいたこともあってあっという間に一周することができた.おかわりに寒霞渓のヒルクライムまでは流石に出来なかったのでまた再訪したいところ…とてもコンパクトに平坦も坂も上手くまとまっており素晴らしい島でした.

一周終わりは最寄りのセブンまで走って補給食をたんまり買い込み,波止場で黄昏る時間も素晴らしかった.帰りのフェリーでの3時間は寝てるとあっという間に神戸.関西から小豆島は想像以上にアクセスが良いのでみんなも行ってみて欲しい.

合計距離: 117782 m
最高点の標高: 163 m
最低点の標高: 3 m
累積標高(上り): 1522 m
累積標高(下り): -1532 m

22:44 京都河原町st.発
0:05 阪急三ノ宮st.着
0:20 神戸港着
1:00 ジャンボフェリー出発
7:30 坂出港(小豆島)着
8:00 輪行解除&ライドスタート
15:30 一周完了
~ 残してた田浦と、セブンで買い出し~
17:45 坂出港(小豆島)出発
21:00 神戸港着

うどん1杯
6Pチーズ
メロンパン
ウイダー×2
ナポリタン
ボトル×2

詳細

三ノ宮駅から自走して神戸港へ.深夜1:00発のフェリーに乗るには少なくとも30分前くらいに着ておきたいところ.
船内にて朝飯に350円のうどんを食う.リーズナブルでお財布に優しい♡
一旦高松東港に寄港した後小豆島は坂手港に到着.すぐに神戸へと帰って行ってしまった.
さあ島旅だ!ロッカーは港の待合室にあるので利用すると快適なライドができる.
時計回りでスタート.きっちり回るとそれだけ坂を登ることとなる.
私の装備.トレランザックを導入したものの一眼レフとの両立はちょっと厳しいものがある.要改善です.
細かい峠が多いけど紀伊半島や志摩半島と比べるとお茶の子さいさい?!
エンジェルロードチャレンジは失敗.
まさかの成功パターンの方が多いらしい.
ほぼ無風.二人で先頭を適宜交代しながら回すのがまあ気持ちいい!!
オリーブ畑は日本全国中々お目にかかれない!地中海のような景観かも.
GOPROもいっぱい撮った!
北~東側の海岸線沿いは何もない!大部港の喫茶店に滑り込み.
名物?のナポリタンを補給!(600円と安い!)
東側はひたすらアップダウン.海がきれいで頑張れる.
大角鼻灯台手前で見える風ノ子島.ここも潮が引けばエンジェルロードみたいになるのかな?
大角鼻灯台は藪の中にひっそりと立つ.もうちょい展望良ければなぁ…
最後は映画村のある田浦を回収してゴール!補給できる場所が坂手港から3km離れたセブンしかない(笑).
おつかれした!コンパクトに平坦も坂もあって良い瀬戸内の島旅ができた.
寒霞渓はまた今度.
夜の便で神戸へ.日が変わる前に京都に帰れたし小豆島も意外と近いかも?また来よう.

終わり

この記事が良ければ下のいいねをポチッとして頂けるとブログ運営の励みになります!!