【南アルプス】上河内サーキット

概要

2022.7.17(日)

微妙な天気の日曜日。どこに行っても概ねハードガスと予想したので比較的マシっぽい南信に行くことにした。こういう時のためにとってた対ガス用のネタ、上河内サーキットをしよう。結果的には朝から雨でずぶ濡れ。稜線に上がる頃には霧雨とガス。概ね予想通り。けど最後に上河内岳周辺の2600mより上はガスも抜けて夏空。何も言うことはない。満足。

合計距離: 31168 m
最高点の標高: 2794 m
最低点の標高: 708 m
累積標高(上り): 2948 m
累積標高(下り): -2941 m

3:20 芝沢ゲート
3:40 易老渡
5:45 易老岳
7:00 仁田岳
7:25 茶臼岳
8:55 上河内岳
9:15 南岳
10:20 薊畑
11:30 西沢渡
11:45 便ヶ島
12:05 易老渡
12:20 芝沢ゲート

CT1105min(山と高原地図)
CT比0.45

魔剤117.5
カルパス238
ウイダー182×2
スローバー183
おにぎり165
∑1067.5kcal

水2Lあげて1L消費

詳細

南アルプスお手軽登山口の芝沢ゲートからスタート.芝沢の駐車場は満車に近く流石三連休といった所か.深夜発のパーティーもちらほらで夏らしさを感じた.

易老渡から易老岳までは怒涛の急登.こういうのはどうせ何にも見えない深夜に片付けるのが丁度良い.GUCCI氏の調子が良く726mUP/hという鬼スピード.付いていくのが大変だった.

天気はあんまり良くない.稜線でもガスの中.ここに登ってくるまで1時間くらいしっかり土砂降りの雨を食らった.

低層雲率が高めの予報だったので上部が抜けていることに賭けて来たのだが今日はダメっぽいかもしれない.ちらっとだけ聖岳が見えた時は元気が出た.

ガスで展望もクソもないが仁田岳も寄っておこう.ポテンシャルだけは高そうだ.

なんとなく気だるくなってきたけど歩くしかない.

300名山茶臼岳.

東側の展望はガスが引いてきて良かったり.

しばらく霧雨混じりの稜線だったが晴れてきた.仁田岳~上河内岳辺りはアップダウンも少なくてサクサク進む.

突如眼前に上河内岳がどかんと.こんなに特徴的な山容とは知らなかった.とりあえず来た甲斐がありました.やはり山は行ってみないと分からない.

夏山成分をめいいっぱい接摂取しましょう.上河内岳は雪が付けば滑るのに中々良い斜面かもしれない.

今日は結局2600mより上が晴れという結果に.夏山はガスるかどうかの判断が難しいのなんの.

今日はコンパクトに周回して帰るだけなのでここからは爆速下山.ストックがあればある程度の速さで下ってもダメージが少ないので最近はずっとストック使ってる.自分みたいな頻度と強度で山に入ると「脚の人生」が短そうなので大切に使おうと思う今日この頃.

西沢渡まで一気に1時間ちょいで下った.ありがたいことに橋があった(1/3くらい水の中だったが)お陰で籠を使う必要もなく,渡渉も要らず.降雨直後で水量も少し多かったので助かった.

西沢渡からは林道ジョグ.山の中にいる時間を短くすると総じて走った方が楽.易老渡手前で歩いてると後からスタートしたGUCCI氏が猛追してきてギリギリ敗退してしまった(笑).

2021年5月時点では西沢渡~便ヶ島で崩壊していた箇所も工事が入って綺麗になっていたのでとても快適だった.かなり切れ落ちてて危なかったので関係者各位様には本当に頭が下がります.

最後はダウンヒル.ギリロードでも走れるけどやっぱりアプローチ用にMTBが欲しい所です.

下山後は飯田市の丸亀製麺と飯田城温泉でさっぱりして帰京.GUCCI氏が春に買い替えたスイフトスポーツを初めて運転させてもらったが中々楽しかった.

終わり

この記事が良ければ下のいいねをポチッとして頂けるとブログ運営の励みになります!!