【南アルプス】夜叉神峠から鳳凰三山縦走(2days)

概要

2020.3.25-26

春休みの旅の〆に私は鳳凰三山に登ることにした.今はちょうど大学3回生の春休み.富士山外輪山の竜ヶ岳,天城山,丹沢の塔・丹・蛭の縦走,奥多摩の雲取山,奥秩父の両神山を繋ぐように巡っていたツーリングもいよいよ終盤を迎えていた.

3月末に太平洋側の関西から行きにくい太平洋側の百名山を巡っていたのは連日快晴続きだったためである.こうも雨を心配しなくてもいい山ツーリングは経験したことがない.

ルートは冬季に定番の夜叉神峠からのピストン.

比較的距離の長い山行だったこともあり,計画に余裕を持たせるために薬師岳小屋の冬季小屋泊の計画を決行した.

合計距離: 25703 m
最高点の標高: 2824 m
最低点の標高: 1390 m
累積標高(上り): 2377 m
累積標高(下り): -2346 m
Download file: yamap_2020-03-25_10_40.gpx

山と高原地図標準CT:15h35min(休憩無し)

実績:10h57min(休憩込み)

標準CT比:70.3%(休憩込み)

詳細

1日目(夜叉神峠~薬師岳小屋)

前日晩は友人の猟師の家で飲み会をしていたこともあってスタートは遅く,10:40.朝飯をすき家で済ませ,ビッグで買い出しをしてからのんびり上がってきたためかなり舐めた時間となってしまった(笑).駐車場には他府県からのクライマーの車がズラリ.

ゆるキャン△の聖地でもある.
南アルプス林道へは厳格な車両規制が敷かれている.
厳冬期北岳は今後の課題.

この時点で心配だったのは冬季小屋を使えるか否かということ.事前情報として近々のレポにはどちらも宿泊可とのことだったのでそれらの情報を信じて行くことにしていた.冬季小屋が2箇所にあるので人でまあどちらかで泊まれるだろうという甘えた見立てでGO.

意気揚々とクライムオン.ルート全体として危険個所は皆無.単調な南アルプスらしい緩い登りの樹林帯を行く.

30分程で本物の夜叉神峠に到着.眼前には白峰三山がドカンと広がる.

もう満足!!

この山行の裏テーマは「白峰三山を見ながら歩く」なので,ほぼほぼ目的はここで達成できてしまうのもまた皮肉な話である(笑).

北岳を見に来ただけ・・・・

峠を経て再び尾根線の長い樹林帯に突入する.3月の末ということもあって木々にはこれっぽっちも雪は付いていない.しかし登山道の雪は固くしまっており,所々凍結したいたので早々にアイゼンを装着することにした.

正直全体を通してチェーンスパイクとかで行けたな…

10本爪は重かった.

2309m地点付近にはテントが.やはり冬は自由な場所に張れるのがいい.

辻山を経由.正面の薬師岳まで登れば今日のゴールだ.

一旦下って南御室小屋.

誰一人いなかった.冬季小屋はそこそこ広くて詰めれば6人は間違いなく寝れそう.

先を急ぐ.15時くらいに着けたらいいかな~

最後に砂払岳を登って.

ほい.ゴール!!

ちょうど薬師岳小屋に15:00着でした.

冬季小屋はこの建物.

下でアイゼンを脱いで,階段を上ってガラス戸からお邪魔する.

先客のおじさんが一人いて軽く挨拶.

こちらの冬季小屋はあまり広くなく,2人が限界といった感じだった.

ギリギリセーフ!!

とりあえず飲み水の水を精製することに.

この工程を何セットか繰り返してようやく魔法瓶いっぱいの水を作れた.

かなり時間がかかってしまった.

夕暮れ間際に薬師岳に散歩に出掛ける.

甲府盆地と富士山が淡い空気に包まれていてとてもいい.

明日進む稜線.ピークは鳳凰三山の百名山に指定されている観音岳.

稜線は日没間際でもほとんど風もなく,じっとしていれば多少寒いものの拍子抜けなくらい暖かかった.

暮れゆく太陽と白峰三山を1人で眺める贅沢な時間を過ごすことができた.

2日目(観音岳~地蔵岳~下山)

2日目.あまり早く起きすぎても闇の中なので遅めの5:30にスタート.

甲府盆地と富士山.

すぐに鳳凰三山最高峰.

実は上のジャケットはハードシェルでもなんでもなくワークマンのカッパである(笑).

ラストは地蔵岳へ.雪は少なく危険個所はない.

オベリスクのアップ.ち〇こみたいな形やな(笑).

かなり近くに甲斐駒ケ岳.等ブログのアイコンは実はこの山なのです!!

西側には白峰三山がズラリ.これが見たかったんすよ!!満足でござる.

拍子抜けするくらい風もなく快適な稜線.

地蔵岳には名前の通り小さいお地蔵さんがいっぱい.

さてと.帰りましょう.観音岳に登り返しさえすれば後は緩い下りを黙々と下るだけ!!

夜叉神峠まで来るとすっかり雪も解けていてポカポカ陽気.春は近いようだ.

下山!!充実の関東ツーリングでした.1週間続きの晴れ間も今日までらしく明日の朝は雨とのこと.急遽この日のうちに京都に帰ることにし,気合のナイトランがスタート.やはり核心部は帰りのバイクでした.おつかれやま!!

終わり