【レビュー】ソフトシェルのGAMMA SL HOODYって山でどこまで使えるの?【ARCTERYX】

脱モンベル計画が始動し始めて早一年.とうとうソフトシェルをリニューアルする時がやってきた.選ばれたのはアークテリクス(ARCTERYX)のガンマSLフーディ.今回はこのソフトシェルをしばらく山でしばらく着用してみて分かったことをレビューする.

概要

私はBlackのSサイズを購入した.

ガンマSLフーディの位置づけとしては前述したように薄手のソフトシェルになる.他にもガンマLTフーディやガンマMXフーディが同社で展開しているが,特にこのガンマSLフーディはかなり薄手で軽量な製品となっている.そのため通気性が良くまた発熱して汗をかいてもすぐに乾いてくれるのが特徴だ.

ちょっとした散歩やバックカントリーの湖を目指すアドベンチャーから、クライミングやスキーツーリングのアプローチ。ミッションがなんであれ、変わりゆく天候に対応するプロテクションが必要です。ガンマSLフーディーはそんな用途にぴったりの一着。軽くて丈夫なフォーティアス™1.0は風にも濡れにも強い素材で、通気性があり、4ウェイのストレッチ性も備えています。ストームフード™は視界に影響を与えることなくプロテクションを強化。立体裁断のトリムフィットと無駄のないデザインで動きをサポートします。

アークテリクスHPより引用

重量

ウィンドシェルのスコーミッシュフーディに比べると流石に重たいが通常スペックのソフトシェルより遥かに軽いのが素晴らしい.ちなみにSサイズの実測すると283.5gだった.ウィンドシェルは100gを切れば最強と言われているがガンマSLフーディはあくまでもソフトシェルなのでこの重量だと上出来と言える.

名称重量備考(私の偏見)
スコーミッシュフーディ140gウィンドシェル
ガンマSLフーディ310g3シーズン用
ガンマLTフーディ545g4シーズン用
ガンマMXフーディ555g保温性重視

着用感

身長172cm,体重58kgの痩せ型体型の私でSサイズはこのような着用感になる.流石に規格を海外に合わせているだけあって日本のMサイズ相当といった感じだ.私は腕周りや腰回りが細いのでぴったりした感じはなくゆとりのある着心地.さらに,生地もビヨビヨ伸びるから全くストレスがない.

ちなみにフードはきれいには自立しない.

燕岳にて(10月)

ゆとりがあるので風が吹けばバタつくが気にはならない程度.

平ヶ岳にて(9月)

後ろから.お尻が半分隠れるような着丈になっている.

蔵王山にて(9月)

温度域

宝剣岳にて(6月)

ずばり!!無風の条件下ならなら-5~20℃くらい.(ちなみに風が吹けば風速1m/sで体感温度が1℃下がる)

もちろん下に重ね着をすることで如何様にもなるが概ね着用しようと思える温度域はこれくらいだと思う.特にTシャツとベースレイヤーだけでは肌寒いときこのガンマSLフーディは真価を発揮し,オーバーヒートしない程度にほんわり温めてくれたことに感動した.逆に圧倒的な温かさが欲しい方にはオススメしない.ウェアによるシビアな温度管理が必要な方にはオススメです.

その他

撥水性はまあ特筆するような驚きはない.おまけ程度の機能だといつも私は思っている.

アークテリクスのロゴは刺繍.ではあるが裏側にあて布を挟んだ上での詩集であることにも留意したい.ちょっと耐久性には乏しくたまに表面でホツレを発見してしまうと少し悲しくなる(笑)

ポケットはメッシュ.鍵なんかの鋭利なものは入れられない.私は癖でうっかり突っ込んでしまうことが多々あるので気づくたびにその保管場所を移している.

まとめ

ハードな登山をする方に最高のソフトシェル.そこそこ軽量で小さくもなるし,着用できる温度域も広いのでシーズンを通して長く使えるのが良い!また着用して気づいたことがあれば追記します.

終わり