【北アルプス】西鵯~若栗の頭への定番ツアー

概要

2022.12.31(土)

何もしない晴天はもったいないので栂池界隈の積雪状況を確認しに行こう.白馬のビッグで年越しの買い出しを済ませてから遅目のスタート.流石に10時過ぎならゴンドラの待ち時間もないかと思ったら甘かった.30分程の列.まじすか.

結局栂の森に着いたのは11時過ぎ(笑).上に行く人は他には誰もおらず.しかしこの時間からでも何とかなるのが栂池.圧雪のご機嫌シールハイクがスタート.早大小屋から西鵯ピーク周辺のトレースも無数にあり,ラッセルもなし.一時間足らずでピークに到着した.

準備ができたら親沢方面へ向けて滑走開始!始めのルンゼは少し斜度もあり雪も軽く良かったが徐々に重パウに.これが足にくる重たさ…そしてまだ藪も濃く谷割れもある.登り返し地点まではそんなに自由に滑れなかった.残念.

親沢の登り返し地点は大岩が確認できるので分かりやすい.ハクノリへ向けて登り返そう.ここもいつ来てもトレースがあるので楽ちんなことが多いが地形はややこしいのでトレースを引く時は気を付けたい.若栗の頭には話題の新リフトが出来ていた.ピッカピカ.今後どのような運用をされるのか非常に楽しみだ.

若栗の頭から2本目を黒川沢へ落とす.雪は…やはり重い.そして藪も濃くまだ地形も明瞭なので安全第一で降りましょう.雪が少ないと若栗の北面降りた場合は下の方で谷割れで難儀するし,東面だと黒川沢との出合が崖で嫌らしい.今回もやはり崖になっていて軽くジャンプして合流した.ここからは裏コルと合流しいつもの堰堤をくぐってゴール.今年は雪が少なく堰堤後のスノーブリッジも細くて嫌らしかった.このルートはもう少し積み増しが必要なところだろう…

合計距離: 7561 m
最高点の標高: 1928 m
最低点の標高: 907 m
累積標高(上り): 547 m
累積標高(下り): -1213 m

詳細

ゴンドラ待ちが核心部.
栂の森よりスタート.
早大小屋良い場所にあるね.けど人の往来が多いのは可哀そう.
西鵯のピーク到着.
実際は写真以上に急.パウダーならいい斜度!
灌木がぱやぱや
谷芯はやべえ
登り返しも標高差100mくらいしかないので楽々.
今回の滑走ライン.
新リフトはピカピカでした.
景色は良いけど運用が難しそう.
うわ~藪いよ~
黒川沢への合流はジャンプでクリア!
ここまでくれば安心だ.おつかれさん.

終わり

この記事が良ければ下のいいねをポチッとして頂けるとブログ運営の励みになります!!