【後立山連峰】千国揚尾根~クラシックルートを辿る山旅~

概要

2022.3.4(金)

1月,2月と学生ながらも忙しくほとんどフィールドに出れていなかったがようやくひと段落.今年もようやく宿願の白馬入りを果たした.しかし後輩によると,3月に入った途端に一気に春になってしまったらしくゲレンデの雪は軒並みシャバシャバ.軽い雪を滑るにはやはり山に行くしかない.

今回はなまった体を痛めつけるのも兼ねて,前から気になっていた千国揚尾根を辿ってみることにした.入山はお馴染みの栂池から.平日でもツアーコースが賑わっているのは流石だ.それなりに距離が長いのでガシガシ登ったお陰であっという間に天狗原に到着した.

ここからは下り基調のツアーが開幕.尾根だけ辿っても面白味がないので蓮華温泉へ向かう振子沢の源頭やら唐松沢の源頭もちょこちょこ味見.快晴で気温も高かったが昨日の軽い降雪のお陰でかなり快適な滑走を楽しめた.一方で風吹大池周辺は地形が嫌らしい.尾根沿いを進もうと思ったが今にも崩れそうな雪庇が行く手を阻む.仕方なく西側の斜面をトラバース.次はガッツリ滑って登り返しできるようにルートを組もう.

箙岳えびらだけまで来たら後は大きく下って蒲原山へ.正午を過ぎて雪質が心配だったが北面はギリセーフ!!ちょっと重いけど足首パウがたまらんかった.ブナの疎林を降り,紙すき山牧場からは案の定生コンスノー.雪も徐々に滑らないように.南面に至っては全層雪崩始めていたので今後道の駅おたりからアプローチはやや厳しいだろう.最後は杉の植林のゴミバーンを滑ってゴール!!変化のある楽しいツアーだった!ここらはフィールドが広いだけに今後の下見という意味で良い勉強にもなった.

最後はハクノリまで戻るのに板とブーツを抱えて国道を歩いているとまさかのラッピーオーナー(※ラッピー=白馬の山スキーショップ)に拾ってもらい感謝感激の山荘帰還となった.この場を借りて改めてお礼を言わせて頂きます.ありがとうございました!!

合計距離: 21221 m
最高点の標高: 2174 m
最低点の標高: 393 m
累積標高(上り): 1485 m
累積標高(下り): -2670 m
Download file: 2022-03-04千国揚尾根.gpx

詳細

ビーコンチェックをしてGO!!
本日も盛況です.途中で78歳のおじいちゃんと話した.いつまででもできる山スキーはやはり素晴らしい.
自然園から見る白馬三山が好きだ!!
途中でツヨツヨスキーモ兄貴達に抜かれた.流石に速い…
白馬乗鞍の大斜面.今日はパスです.
振子沢源頭へ!!
蓮華温泉への標識も多かった.
先行者一名!
やっぱスキーは速い!!最高すぎる.
古き良き時代の片鱗.
先行してたおっちゃんに追いついた.平岩駅まで滑るとのこと.
唐松沢の源頭をウロチョロして登り返し,風吹大池へ.雪で埋まって池も歩ける.
西側には良さげな斜面も広がる.
巨大な雪庇が立ちはだかる.今にも崩れそう.
箙岳を捉えた!
蒲原山へ一気に!!と思ったが平坦部は進まないのでシールを貼った.今回は計4回付け外しでもうちょいスマートにできたかもとも思う.
蒲原山山頂.頂上は広く展望はない.
北面のスベスベ斜面.タマランチ会長でした!
どパウの時にまた来たいすね.
後は牧場跡地をクルージング.雪が重くなり始めて快適ではない.
思ったより滑る距離長くて中々下界に辿り着かない(笑).
最後はギリギリスキーのままで.これも山スキーです…
最後に汚い杉の植林斜面で修行.
下山!!おつかれした!!

終わり

この記事が良ければ下のいいねをポチッとして頂けるとブログ運営の励みになります!!