【コスパ最強】スキー板を夜行バスに積み込む方法

スキー板のケースって何故か購買意欲をそそらない.けど街中を持ち運ぶのには必要だし,なにより夜行バスにスキー板を載せるには板ケースが必要だ.

そこでコストパフォーマンスに優れたもので工夫して代用できないかと考えた結果…

!!!

ブルーシートで巻いて縛ればいいやん!!

急いでコーナンに500円くらいの,ちょっと丈夫なのを買いに行った.

とりあえず基礎板を二台並べて巻いてみる.

行ける気しかない.

結果は全く問題ない!めちゃカッコ悪いけど…夜行バスに乗るの深夜やし…街中で人目に付く時間って短いし…そこさえ我慢すれば大丈夫!

ポイントは両端を織り込んでスキー板がずり落ちてこないように紐で縛ること.

あとブルーシートを購入するときに板のサイズをしっかり確認すること.ギリギリの大きさだと上手く巻けません.

ちなみに私はモンベルの輪行袋に付いてるベルトを使って縛りました.肩ひももあるので十分板ケースとしての機能は満たしてくれます.

実際に夜行バスに乗ってみましたが問題なくトランクに預かってくれました.

さらに,必要ないときはこうして巻いてしまえばかなりコンパクトに収まります.体裁が悪いこと以外いいことしかないです.

もしや!

と思ってモンベルの輪行袋(Mサイズ)でも試してみました.こちらは165㎝の基礎板一台が限界.生地も薄いのでエッジで切り裂いてしまいそうなので,実用には向かないでしょう…

まとめ

・格安で板ケースの代用可能

・板二台を楽々収納できる

・めちゃくちゃカッコ悪い

ブルーシートくらいの値段と機能を持った落ち着いた色のシート(そんなのがあるかは分からない)があればカッコ悪いという点も改善できそうですね!コスパ重視の方は是非試してみてください.

ノウハウ
とらべらー