【保存版】かっこいい!ヘルメットとゴーグルの合わせ方【スキー&スノボ】

スキーやスノボを始めるにあたって必要になるヘルメットとゴーグル. スキー場でヘルメットの着用が日常となった今,あなたもヘルメットとゴーグルのかっこいい組み合わせを模索してみよう!

プロアスリートを参考にする

スキーショップやアウトドアショップに足を運ぶと多種多様なヘルメットやゴーグルが並んでいる.

惚れ込んだヘルメットやゴーグルを買うのもあり…

だけど確実なのはプロアスリートが付けているヘルメットやゴーグルにも注目してみよう.

スキーだけでもデモスキー,アルペンスキー,ジャンプ,クロスカントリー,フリーライド,山スキー…と多岐にわたる.

きっと同じスキーという括りでも,プロが着用する組み合わせは違ってくるはずだ.それぞれの界隈で好まれている組み合わせを研究してから購入するのも悪くはない!

特にプロアスリートのインスタグラムをお手本にするのは一番手っ取り早い方法だ.

経験から言うと我流でヘルメットとゴーグルを選ぶと滅茶苦茶ダサいです…毎年ウチのスキー部の一回生の組み合わせは中々ひどい(笑).

ヘルメットとゴーグルの合わせ方

ヘルメットとゴーグルのメーカーを揃えるというのが基本の合わせ方になってくる.こだわりのあるヘルメットとゴーグルをそれぞれ着けてみると主張が激しすぎて合わないことがほとんどだ.

先に合うヘルメットを選んでその後からゴーグルを探すのが一番だと思う.

ヘルメットの選び方

ヘルメットは基本的に頭の大きさに合うものを被る必要がある.頭の形状は人それぞれ異なるので,実際に店頭で試着してみないと何もわからない.試着する前にネット通販で購入すると思ったより大きい…もしくは小さい…となりかねない.

ヘルメットの価格帯は1万円以下のもから3万円以上と幅広くあるがシビアなコンディションで使用しない限り,性能に差はほとんど出ないので気に入った形・色で選んでも大丈夫だろう.

また装着するときアジャスターがあるタイプのものはしっかり自分の頭に合わせてあげよう.これを行うことでヘルメットがフィットするだけでなくゴーグルとの境に違和感なく着けられる.

ゴーグルの選び方

ゴーグルはミラーレンズを始め,UVカットのレンズや偏光レンズ,悪天時用のレンズなどレンズなど多種多様だ.

また平面レンズと曲面レンズの2つに大きく分類される.

価格帯もヘルメット同様1万円以下のものから3万円3万円以上のもまでピンキリだ.

安価なゴーグルでもカッコイイものは多数存在するが,あまりにも安すぎると曇り止め対策がされてなかったりするので注意して選びたいところだ.

追記

最近の主流は大きな平面レンズのものになっている模様.

選び方の基準

ヘルメットとゴーグルの間に隙間がないか?

かっこいい!と思った組み合わせはきっと隙間が空いていないはずだ!

どちらか一方を購入済みの場合はショップにヘルメットもしくはゴーグルを持ち込んで隙間のなくなるようなアイテムを手に入れよう!

ゴーグルは縁ありか縁なしか

縁のあるゴーグルは一般的にヘルメットに合わせにくい.ゴーグルの縁とヘルメットの色が同じ色であればあまり気にしなくてもいいだろう.先にヘルメットを選んでおけばさして縁があってもなくても気にしなくていい.

ヘルメットとゴーグルの合わせ方の実例

それでは 私の所属するスキー部の部員の協力のもと ,ヘルメットとゴーグルの合わせ方の実例を確認してみよう.

ただし!!あくまで私の独断と偏見であるとご了承ください!!

かっこいい例

ヘルメットとゴーグルを着用した人
黒ヘルメットに黒ゴーグル.王道だが確実.だが人と被りやすいので個性は出しにくい.
同じメーカーのヘルメットで合わせるとやはり隙間は少ない!配色も絶妙だ!
ゴーグルのカッコよさで全体が良くなっている例.ゴーグルを変えるだけで見た目はグッと引き締まる.
ヘルメットとゴーグルの組み合わせに加え,ウェアとの相性もいい.全身コーデを目指さそう!!

いまいちな例

同じメーカーで合わせているためそれぞれの相性は悪くはないがゴーグルがなんかイマイチ…バンドがよれてきたゴーグルは変え時かも.あと服がださい…
隙間はないが,ゴーグルが出っ張ってしまっている.つらいちだと完璧だった!
今度はヘルメットの方が大きいパターン.絶妙にダサい

ダメな例

ヘルメットとゴーグルを合わせずに購入するとこうなる.隙間が大きくできてしまった.さらにゴーグルがせり出している…
ゴーグルの形が特殊で合うヘルメットがなかったようだ…
本人曰く,ゴーグルは貰い物とのこと.個性派ヘルメットには合わせられなかったようだ…
部のヘルメットとゴーグルでは中々うまい組み合わせは見つからない…

ウェアとの配色は最高だがどうしても隙間に目がいってしまう…

私の実例

そういうお前はどうやねん!!!

と突っ込まれそうなので私の実例も公開しておく.

18-19・19-20シーズンのヘルメットとゴーグル

前の2シーズンの組み合わせは本当にひどかった.

隙間こそないもののヘルメットの形がほぼ中華鍋.斜めから見ると違和感はないけれど正面から見るとダサすぎる(笑).

言い訳をすると…お金がなくてスキーを辞めた先輩から譲り受けたものを使っていたのです…

20-21シーズン~

今シーズンはSMITHのSQUADとSMITHのSCOUTの組み合わせ.

もちろんヘルメットとゴーグルの間に隙間はない.これは中々いいんじゃないのだろうか??

ヘルメットもゴーグルもハイエンドモデルでなくてもここまで持ってこれる.

終わり

ノウハウ
とらべらー