【2022年最新版】南アルプスのテント場 営業状況&料金 まとめ

南アルプスのテント場の営業状況や料金をまとめました!今年度から営業再開となる小屋もあり,昨年と比較すると山行計画は立てやすくなったと言えるでしょう.ただしテント場は予約が必要な場所がほとんどの為やはり早めに山行計画を立てられることをオススメします.

2022.6.6更新

南アルプス/北部

甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳

観音岳より甲斐駒ヶ岳を望む(3月)
テント場     営業期間      予約      料金   幕営数  
七丈小屋5/30(月)~11/27(日)特定日要予約1000円20張
仙水小屋6月中旬~11月上旬要予約500円?11張
長衛小屋6月中旬~11月上旬不要1000円200張
早川尾根小屋7月中旬~10月上旬要確認400円?15張

鳳凰三山

薬師岳から観音岳への稜線(3月)
テント場     営業期間      予約      料金   幕営数 
御座石鉱泉通年要予約500円?50張
青木鉱泉5/8以降はしばらく金土日のみ
7/15(金)~8/21(日)
以降は9月末まで金土日営業
要確認650円50張
鳳凰小屋6/18(土)〜10/30(日)特定日要予約1500円25張
南御室小屋7月~10月
5月~6月,11月第三週まで変則営業
不要800円50張
夜叉神峠小屋7月中旬~8月末日要予約500円15張

南アルプス/中部

北岳・間ノ岳・農鳥岳

北岳小屋より北岳を望む(8月)
テント場     営業期間      予約    料金  幕営数 
広河原山荘6/25(土)~11/2(水)要予約900円50張
白根御池小屋6/15(水)~11/2(水)要予約1000円80張
北岳肩の小屋6/24(金)~10/31(月)不要1000円50張
両又小屋6/1(水)~10月下旬不要600円30張
北岳山荘6/15(水)~11/2(水)要予約1100円70張
農取小屋7月上旬~10月中旬要予約1,000円
もしくは人数×500円
50張
大門沢小屋7/1(金)~10月中旬不要1000円40張
熊ノ平小屋7/13(水)~9/25(日)要予約2000円25張

塩見岳

三伏峠より塩見岳を望む(11月)
テント場    営業期間      予約   料金  幕営数 
三伏峠小屋7/9(土)~10/2(日)要予約1500円
(テント500円+大人1000円)
25張

南アルプス/南部

悪沢岳・赤石岳

前岳より赤石岳を望む(11月)
テント場     営業期間      予約      料金  幕営数 
高山裏避難小屋7/13(水)~8/21(日)要予約2000円20張
二軒小屋ロッジ2022年休業--20張
千枚小屋7/13(水)~10/10(月)要予約2000円30張
荒川小屋7/13(水)~10/10(月)要予約2000円30張
赤石小屋7/13(水)~10/10(月)要予約2000円15張
百間洞山の家7/13(水)~9/25(日)要予約2000円20張
椹島ロッジ4/29(金)~11/6(日)要予約2000円20張

聖岳・光岳

兎岳より聖岳を望む(5月)
テント場     営業期間      予約      料金     幕営数 
聖平小屋7/16(土)~9/24(土)要予約2000円90張
茶臼小屋7/16(土)~9/24(土)要予約2000円10張
横窪沢小屋2022年度は避難小屋として開放--60張
聖光小屋休業中--40張
光岳小屋7/16(土)〜11/3(木)不要1000円
特定日+500円
8張

北アルプスのテント場の情報はこちらから!

【2022年最新版】北アルプスのテント場 営業状況&料金 まとめ
2022年の北アルプスのテント場の営業状況と料金をまとめました!今年度は後立山連峰のテント場の料金が一斉に値上げされました.予約が必要な場所も多く,幕営数も絞られている箇所も多々あるので山行計画は早めに組んだ方が良いかもしれません....

終わり

この記事が良ければ下のいいねをポチッとして頂けるとブログ運営の励みになります